「ほっ」と。キャンペーン

非公式に勝手に応援するブログです


by mayday-mayday

<   2007年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧


思えば不思議なもので、今回のデモの参加者は、たったの400数名。

それで、NHK、毎日、朝日と報道されたのだから、大したもの。これが、例えばスポーツ会場だとか、お祭りだとかだったら、こんな少数人数の催しが、報道されたり、ましてや、警察官が押し掛けてきたりはしないだろう。

人数は、たったの400余名だけども、みな、パブリックな社会問題に憂慮して集まってきた人ばかりだ。インターネット上でのデモに対する反応は、考えられる限りの悪罵の数々ばかりのようだけども、自室にこもって、パソコンのキーボード叩きに終始しているだけでは見えないものが、こうした「公」の催しでは見えてくる。

彼らはフリーターどもが何やら政府におねだりをしてるのだとしか見られなかったようだけども、それは、その人が「私民」に堕し切っているからだろう。ものいわぬ臣民だ。テレビを見ながら、ゲラゲラ笑い転げる時間はあっても、外に出てパブリックな問題について考える時間も持たない人間には、自分の利益だけでなく、本当に社会を憂えて、若者がデモに参加する気持ちなどは到底分かりようもないだろう。それこそ、自分だけの利益を追求するだけならば、デモになど参加せずに、バイトするなり、遊びなりしている方が利巧というものだ。

彼らは、この国の御用マスコミが偽装請負や、サービス残業などの問題に真剣に取り組んできたと本気で信じているのだろうか。それにはっきりいっておこう。フリーターの低賃金で恩恵を受けているのは、あなたがた消費者と企業だ。バカでも分かる理屈だが、住民票事務、警察事務、旅券事務などを年収400万円・500万円でやってもらっても民間人がトクをする訳がない。
ほかにも、例えば、国立自然少年の家の理事長は年収1000万円だ。小さい政府というのなら、これら「官」を縮小させ、その分、「民」にマネーをまわすべきなのに、「小さい政府」とは名ばかりで、増税・負担増ラッシュなのを、まさか疑いもせずいるのだろうか?

フリーターは税金・社会保険料を納めていないとかいう「官」の論理を間抜けに信じて疑わないのはご自由だが、この世界的にみても生活費が高いこの国の「官」や「業」に都合が良く出来ているカラクリにも気づかずに、御用組合の組合員として、または従順な臣民として、御用マスコミが垂れ流すウソを鵜呑みにして、これからも、騙され利用され、食い物にされるのは、あながた「私民」のご自由だけども、そんなバカぶりを「市民」に押し付けるのはやめてもらいたい。

フリーターは「民」の経済に、とても貢献している。フリーターがいなくなったら、それこそ単純労働力として外国人を受け入れなければならなくなるだろう。「民」の経済に貢献している人達がメーデーで声をあげることの何がおかしいというのだろうか。おかしいとしたら、御用マスコミの垂れ流すイメージを鵜呑みにしているあなたがた「臣民」の頭の中だろう。

デモの参加者の表情はきわめて明るいものだった。おもえば、この日本でみかける中国人たちの底抜けに明るい顔に比べて、この国の人間の、ツクリモノのような哀れな微笑は、一体何なのだろうか。お上に抗うことを知らず、ただひたすらもの言わぬ臣民として生き続け、政府への監視を怠り、1000兆円にもおよぶ負債を次世代にツケまわし、生涯のうちにデモも一度も行かぬまま、ここは民主主義の国なんだと、本気で信じ、それだけならともかく、デモをしている人間を偉そうに罵るさまは、去勢されたミドル・マス(中間大衆)としか表現のしようがない。
[PR]
by mayday-mayday | 2007-05-04 20:26

これが一番面白かった。

(引用開始)

7 :名無しさん@七周年:2007/04/30(月) 22:31:45 ID:I3UJYTij0
氷河期なら氷河期なりの対策すらできないボケが多いな。ちなみに俺は今年28歳。
学部卒時代は氷河期、修士修了時も芳しくない、だから待った。
その間に(奨学金という500万近い借金はしたけど)博士とって、
新卒で高給とされる業界にラクラク今春就職。
文句はやるべきことやってから言いなさい>フリーター諸君

104 :名無しさん@七周年:2007/04/30(月) 22:33:32 ID:eiFHqe6G0
>>87
馬鹿丸出しだな
やるべきことをやろうがやるまいが発言権はある
それが先進国というものだ

そもそもやるべきことなど個人の主観なのだから
統一された基準ではないので
やるべきことをやれといっても何の意味もない


(引用終了)

基本的には、>>104氏の言う通りで、なぜたかだかデモで、これほどまでの反応をするのかが分からない。

若いうちは良いかもしれないが、40・50代になれば、雇用の流動性は非常に低くなる。住宅ローンもリコースローンだから、耐震偽造の物件だろうが、地震で損壊しようがローンは返済しなければならない。

だいたい、正規・非正規の区別がこれほどまでにきついのは、先進国の中では、せいぜい日本と韓国くらいのものではないか。そういう意味では、日本の「正社員」という語感は, office worker のそれとは乖離している。政治的、社会的に不能にさせられるまでに自由を奪われる代償として、雇用の安定を確保しようとした一種の身分形態とでも表現しなければ説明しようがない。

財界はWCE・労働契約法まで通そうとしているから、「雇用の安定」という最後の牙城も今後はそうなるかは分からない。御用組合の集まりに過ぎない連合もすっかり舐めれ切っているのは明らかだが、組合員が首輪自慢するまでに飼いならされている現状では、無理からぬ話か。

自分はお上に逆らう気も、抵抗する気もないのだが、お上逆らうものや目下のものには、とことん強くなり、厳しくなるのだ。長いあいだ、奴隷根性が身についていると、こうなってしまうのだ。諸外国ではまず見られないようなサービス残業や過労死などを彼らはやりたくてしたがないし、彼らはそれを誇っているのだ。
[PR]
by mayday-mayday | 2007-05-03 14:54

憲法第12条と不当逮捕


今回のデモでは出発当初から、警察に対するシュプレヒコールがあがるものだった。警備の関係上での、DJ交代場所をめぐる打ち合わせでの警察との交渉が原因のようだった。

今回は、なぜか政治警察である公安が表にでてこなかったが、これまでは、そのネチネチとした嫌がらせぶりは、まさに弱いものいじめという観があった。「ドライバーのみなさんが待ってくれている、早く渡りなさい」などといった、飽くまでも事務的な交通整理を装った、政治的な中立破りを、スピーカーで指揮官車の上からしかけてくるのだから、はじめて見たときは驚いた。

前回のサウンドデモで、不当逮捕が起きて、新聞でも報道されたけども、公安警察の政治的な弾圧は明らかだった。

令状もない逮捕は緊急逮捕などの例外的なものであり、車体で楽器を操作していることを理由にした逮捕など、一体何の意味があるのか分からない。それこそ、DJ氏が言っていたように、デモが終了してから、任意に口頭で注意すれば足りるものではないのか。逮捕それ自体を恣意的に、政治的な弾圧のために用いているとすれば、目に余るものがあった。

つい最近も中央大学で三多摩労組の逮捕事件があったけども、御用マスコミと記者クラブ制度のはびこる日本では、警察発表が垂れ流されて、それが記事にされて終わりということが多く、非常に労働運動の自由を守り抜くだけでも厳しいものがある。

第12条

この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。



サウンドデモに関しては、このように色々と語るべきものなどが多いと思うのだけど、正直、今日までネットに溢れる、ありきたりでステレオタイプな反応、というか罵声の数々にはうんざりさせられた。御用マスコミの垂れ流すイメージの劣化コピーそのものではないだろうか。

サービス残業、偽装請負、過労死……こんなものがはびこる先進国を異常だと思わないのだろうか? 子供たちや今の若い人に受け継ぐべきものなのだろうか? ストも打てない御用組合が、これらを本当に改善しようと考えていると信じているのだろうか。

少なくとも、憲法第12条を無視して、何もしなければ、明日はもっと悪くなるということだけは言えると思う。
[PR]
by mayday-mayday | 2007-05-02 23:20

デモコール


「安倍は時給800円で働け」

これはウケている人もいました。

ほか、「安倍は一人で再チャレンジしろ」「過労死から逃げろ」とか

「経団連は恥を知れ」  など。

「ガスト」の店先から、店員が3名ほど覗いてました。
この時点で、「ガストは時給をあげろ」などのデモコール。

マックでも同様でした。
「マックは時給をあげろ」というデモコールのあとは、店員が苦笑いしてました。

サウンドデモは、秋葉原でもやりましたが、今回は視線が優しいとか会話している人もいました。僕の印象では、分かりかねますが。ただ、大久保通りの外国人はデモを見て非常に嬉しそうというか、目が輝いていました。一方、和食レストランの女性店員は、鬼の行列でも見るような顔で見ているのが印象的でしたね。
[PR]
by mayday-mayday | 2007-05-01 19:15